やる夫は流れついたようです 悪の穴 第65話

投稿日:

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15575/1384953276/

52 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:50:00 ID:???0





┌───────────────────────┐
└───────────────────────┘
┌───────────┐
└───────────┘
┌──────┐
└──────┘
┌───┐
└───┘
┌─┐
└─┘

53 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:50:14 ID:???0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二彡二二二二二二彡二二二二二二彡彡彡彡彡彡二二二三三三三三三三
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡二  彡二彡彡彡

  ;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,....,,....,
  ;.;.;.!#!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
  ;.;.;.;..;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
  ;,.,.;.;/ l:|田|:| 田|[],!!、ヽ___l、|_田l,:..:......:.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_
  ._l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l_
  ,,;:,、,;,,;:,、,;,,;:,、,;,,;:,、,;,,;:,、,;,,;:,、,;,,;:,、,;           ,,;:,、,;,,;:,、,;
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィ|   |゙ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
  l i l l ii llll i l l i ll i i  ,,ィ''| ,广゙゙゙゙゙゙ヽ.|` 、li i lill ii i  lil li li illl iii li ili i i ii liliii
  llllilil iillll illll illlll llll,/`| ,./      ゙,  l'ヽ    li i i i i i i l i li li li l l ii i i
          .,,/|  レ`        ヽ | `r、l ii i i i i i l l l l l l l l l l l l
        ._,ィ'′ | ./            ゙'|、 .| `'i、
       / .|   .|,/            ヽ .|  `'i
       |  .|  ノ`              '┤ ;;;: |
       |  .| ,/′               ヽ;;;;;;;;;|
       | l |,/′ ::::::::::               ヽ;;;;;|
       l ,i´                    ヽ;|
       |,i´                      :;;|
  ;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙'――――――――――――― ――‐;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙;'゙'゙

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 いわき漁港(仮※名称募集中)。ここに繋がる道は「橋」ひとつであり
 ――要するに元は島だった。いや、「だった」というのも適切ではないだろう
 
 遠浅の海岸からいくらかの距離を挟み、今も出島として、漁業の村として、
 そして港として在ろうとしている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

54 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:50:36 ID:???0


                  ,,,.ii..,
                ,,。..,ll::;;liii|,,..,,,
───ーー────ー-"───ー-─’──ー──ーー─────ーー─
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::
 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.::::::    :ザザーン
" '”・' '.......:::::.:...,。,・'"" ””" '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""”:..., ,'""’’゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '”・' '”・'           '”・' '”・'      '”・'         '”・' '”・' '”・'
          .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この大陸の操船技術は、もともと外洋に出られるほどに発達していなかった
 そのうえ干潮時には、出島までの行程の半分ほどを、徒歩で渡れるほどの浅い海だ
 出島からモナー辺境伯領ニューデリーまで、湾内の海流は比較的穏やかである

 ヴァネスに対する湾内の防衛を一手に引き受け、前線基地たる辺境伯領への
 物資の補給基地として
 そして海産物の交易・拠点を期待され、いわき漁港は開港を目指されることとなった
 …少なくとも名目上は
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

55 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:51:17 ID:???0



                  /l    ,/i
.                 / i  /' i
                /   |,/  |
               , '" ‐-'"    l
              /::::::::i'"'i::::::...   'i
             i':::::::::::,'_~;;:::::...   'i
.              >"i~/i/i/ノ     |
             i,"~ ̄~"`     /
              ヽ、         く
               ヽ       ノi―----、
               /"r,.ヽ/"~i!"~ /::::::::::::::::ヽ、
               i/'i';;;;;<i_/,.___/::::::::::::::::::::::::::ヽ、
               /:: >;;;'i-‐"::::/:::::::::::::::::i':::::::::::::::::ヾ、
.               i':::/;;;;;;i:::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ,
              |:::i;;;;;;;<ぐ~:::::::::::::::::::::::::'i `ヽ::::::::::::::::'i
              i:;:i;;;;;;;ノi!i::::::::::::::::::::::::::::::|  /::::::::::::::;/
              'i:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /:::::::::::::::/ ./'}
               i:::::io::::::::::::::::::::::::::::::::::::| i!'::::::::::::::::i/;/
               |::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ,>~ ̄"'く;;/
               |::::|o::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ( 1    7
              ,':::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /ゝ__,-‐"
              /:::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/"i/
             //;;;;;;ヽ:::::::::::::::::::::::: / .:/ヽ、
             ルi;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ::::::::::::/.:::/:::::::::::ゝ
              |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::: :/...:/::::::::::::::<
               'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::/..::/:::::::::::::::::::ソ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 元海賊ギコは旧来ニューデリーの出身であり、この土地自体が海賊達の住む村だったため、
 この土地に関して、実はニューソクデ一族は直接は関わっていない

 ただ大陸が大きくなり、大陸自体がニューデリーに近付いただけの話だ

 ニューデリーは海賊の村だけあり、造船技術はともかく操船技術は元より高く、
 「泳いで参った」が素で出来る亜人のこと。随分と海を、港をと荒らしまわっていたらしい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

56 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:51:27 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 船とそれを操る技量を持ち、種々様々な亜人がむニューデリーは、人的資源の宝庫だ
 ではいわき漁港の開拓・港湾開発を、辺境伯にも手伝わせれば良いだろうと思うことだろう
 
 だが辺境伯への支援のためというのは、先程も述べたように「名目上」のことだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 柊とモトの協議の結果、終戦の立役者であるギコに対し、ニューデリーは辺境伯のものとなった
 しかしそれは結局、モトと辺境伯家との距離を縮める結果となってしまった

 漁港の開発は、そんな辺境伯に頼らず水際を守る、海の第二の前線基地を造るという
 目的も兼ね、そして海運利権の掌握のために、紬の先代の肝いりで決定した

 故に「最悪の場合を想定して」、モトに近しい辺境伯を関わらせるという選択はない
 少なくとも現柊国の女皇、紬にはないのだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

57 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:51:46 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ではなぜ未完成とはいえ、そんな重要拠点をジャギ、いやルイズに与えようと考えたのか
 それは敵国ヴァネスの存在が、大きな理由を占める

 ヴァネスの侵攻。その行動の根源は「恨み」「憎しみ」だ

 祖先がレアアースへと流れつく原因となった「邪神」、その力でヴァネスを暴れまわった「開祖」、
 「開祖」=やんねえ香が追い散らした後、弾圧を加えることにより、食い詰めた亜人を
 次々と流入させた「柊連合国」、そして国が荒れ果てるほどにグールを転送した「ニューソクデ家」

 だいたいに過去の「柊皇国」が関わっている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 しかしやんねえ香は統一を成し遂げ、引き継いだのがダディであるとはいえども、
 「黄金麦」を手に入れたことで国力自体は統一以前とは比較にならない
                               ・ .・ ・ .・ ・ ・ ・
 基本的に亜人を嫌うやんねえ香も、亜人に対して容赦しなかった
 また特に、グールの流入については自業自得の感が多々ある
 
 しかし過去のアシェラッドや糸色のように、過去の事実を知る者はそうは思わない
                           ・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 また、柊皇国樹立以降の戦い――いや、戦ってさえくれないことが原因となっている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

58 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:51:58 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 視点をヴァネス側に移してみれば、柊皇国は「邪神の力」でこちらを蹂躙し、翻弄するだけの
 悪鬼…いや悪魔の集まりだ。滅ぼさねばならない

 できない子の視た「未来」は決して誤りではない

 彼らはどれだけ踏み潰されようとも、牛をも喰らい尽くす蟻の大群だ
 決して折れない槍を持つ戦士だ。大岩を砕かんと、幾度でも打ち寄せる大波だ

 …少なくとも、彼らはそうした意思、気概を以て攻めてくる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

59 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:52:16 ID:???0




            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /    ですからいっそ、ルイズさんを防波堤として
     l  |   |    __'    /   ∧    大々的に喧伝してしまおうかな――なんて
     }  l  人    ー'    /  / ∧
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧   そう思ったんですよねぇ
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /丨    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /
   |      y′  o У/  /  / /




                        , r- 、
                 _,_- /_  \
                  , r f´, - 、/´ ヽ_`_  ハ
            /  /   /    ヘ `ヽ ヽ、
              , '  , '         ハ  ヽ ヽ
              /  /               ハ   ヽ ヘ
             ,'  /     i     ハ   }   ヘ ハ
            ,'  '    i |     ハ  リ        ',
         ;  ,' /  リ ∧ l  l .}  ∧ }    ハ ハ
            l / {  |/}ィz=ヘト、. リ '/ タ=ェ、 }  ハ ',
            ! ! 、  { ,'ィqgュ、`\ リ ,,ィnュ、ト !   l |
         | l { ヘ ゝ弋旬','   `' 弋ミソ/イ / /} |
        ,'. { ト、ヘ\ゝ ̄   丶    ̄イィ  /lリ |     エグい…
          ,' ハ | \\.ゝ、          .ノ ノ ノ }ハ ',
          //   \ハ   !> ´ ̄` < ´ / /  ハ.',
       '/     ハ   | ,rト、 `´ ト、 {  /   ヘ  ヘ
       /  /  / ハ  |= =氷= = |  /  i  ヘ.  ヘ
        /  /._ z <.ハ  | /イ,, ||、、  | /> ェ _ ハ  ハ
      ノ  / .f::ヘ:::::::::::ハ |〃|| |。!| ミ=| ./:::::::::::/:::::l ハ  ハ
    / // {':::::ヘ::::i:::::::} {::ヘ|| | .|!| /:::| {:::::::::::/::::::::| } !   \
   /     (  ',::::::::ヘy:::::/ ハ::::||、|。|.||::::::| ハ:::::::/::::::::::! リ /    `i
  (.      ` !:::::::::ヘ::::// }:::::ヘ| .レ:::::::| .ハ::::リ:::::::::::|//  ハ   リ
   ∨     ,':::::::::::::}::`| リ::::::::ヘム-―リ リ:::|::::::::::::::|   ハ   /

60 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:52:28 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 つまり、最悪モトに取り込まれる可能性のあるニューデリーの代わりとしつつ、
 海で戦うのは「薔薇王国出身の」ルイズとなる

 もしかすると敵国であるヴァネスに、ルイズの出自は調べられないかもしれない
 しかし薔薇王国はどうだろうか?

 少なくとも、くれない夫王は混乱するだろう。ルイズと大河の両親は錯乱するだろう
 そして直接相対すれば、ヴァネス恨みの対象は薔薇王国にも分散するだろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ    少なくとも…二度と戻れないわ…
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:

61 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:53:06 ID:???0




    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!      (マジで全方位に嫌がらせだよなあ)
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

62 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:53:22 ID:???0



                  , ´                    \
                /        /    :           ヽ
               ,′  :      /    /|     :i         :.
                :    |     ′   /  |    :|\      l
                 |    |     l  ./-─| i    |  ヽ     l
                 |    |     |  / ^⌒ i八    に`ヽi   l |
                 |    |     | ./      \  |  `^|   l |
                 |   r |     |/   _       \!    |   .′|
                 |   {j.|     iy==ミ       _..   |  /  |
                 |  八| i   |             r=ぅミ j /  |
                 |  / .| |   | ::::::::             ハ/ .   |
                  | ,'  | |   |         ′ :::::: ′  |  |   もちろんジャギさん次第ですよ!
.                /     | :..  人    丶 ァ     人   ll  |
              .′    .∧ :..   \       ィ   |   |:  |   私が必要な神器さえ教えてくだされば…
            /      / ∧ :....  i >  <  l  l   |i  |  .  ・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ .・
           /      /__>ヘ :....  l     /ヽ、_i  l   |'  ′  色々と考慮します
         /    >'´ ̄. `ヽ∧   |、    /`ヽ: :`ー.|   | /
        . ′ / / : : : : : : : : :.\:   | \ _ /  /: ': : : |   |∧
.        /   / :/: : : : : : : : : : : : :i   |_ー、(::) ノ /: /: : :.:.|   |' '.
       /   /  ,′: : : : : : : : : : : :.l   |\ ̄`¨フ: :/: : : : :|   | 人
        /    '  |: : : : : : : : : : : : : :.l   |: 、:丶/:/: : : : : :l   |.'  :..\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 巻き込んだ者を粗略には扱わない。女皇はジャギの性格を正しく理解していた
 
 元傭兵、ニューソクデ家家令ジャギ。やる夫に仕えるまでのことは他人に語ることがない
 しかし主や元の部下であったモヒカンのみならず、ニューソクデ家の者達に絶大な信頼を得ていた

 もしここで、ジャギが神器に関する情報提供を断っても、紬は何も失わない

 逆にここで断れば――いや、逃げるという選択肢を取ったとしても、
 この双子の出自を掴まれている以上、ジャギは「繰り返す」という目的の地盤を
 失うことになりかねない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

63 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:53:36 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ゆえに、ジャギは二言、いや三言だけ口にした

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|  …少し考えさせろ
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三

64 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:53:51 ID:???0



            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /    いいですよ?少しくらい待ちますよ
     l  |   |    __'    /   ∧
     }  l  人    ー'    /  / ∧
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /丨    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /
   |      y′  o У/  /  / /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ・ ・ .・ ・ .・ .・ ・ .・ ・
 一言目。望む答えが得られた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

65 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:54:09 ID:???0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 二言目。ニヤリと笑い――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!        『Vas Rel Por』
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!               .          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ                     |  きゃぁぁぁぁあぁぁ!!??
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}           .           乂_______________..ノ
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、




:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 望む結果が得られた

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

66 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:54:27 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 三言目。色めき立つ護衛を見回して――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!   あいつは「待つ」って言ったぜ?
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.  
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
        /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;
       ,′ノ人 jりi ;: : : : :''''';;;;ゞ ::;;   ...:.:.:.: .: .: .;;:i1 i爪ツ"´.:.:.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

67 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:54:43 ID:???0




             /: : /: : : : ; ィ ´: : : : : : : : : : : : : :ハ,r-、
         /: : /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :\
         / : /: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : : `i
        ,: : /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :,
        ,: : /: : ;r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : ,
          l: :/: : /: : : : : : : : : : :// : ィl: : : : : : : i : リ: : : : : : :!
       ,: :/: / : : : : : : : : : ,へ /: /|: : : : : : : /: /i: :/: : : : :|
         l: /: / : ;ィ : ∧: |ィ',ェ、_ `メー -!: ;イ: : _ zレ= |:/ : : : : : |
        |:/ /: ;イハ : l : : {/7叨テ宀、 |' /: :/,≦z=、|' |: : : : : ;'
       ,/: :{ 从 ハ: : : ト:ゝ弋少 ,'   ,: / .ハ咋 ト/!/: :イ: ;'     スクナ
        ,: : ハ: !|: : : \:ハ \  ̄`    ´    トソ ´,/;イ; イ: /    残飯神社に飛ばしたの?
      ,: : : :ハ||: : : : : :\         丶   -イ-イ:! } /
        ,: :/ : : `i: : : : : : :>、               / : /: |/'                       γ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       ,' :/: : : : ハ: : : : : ハ:| > 、    ⊂ァ  , ィ´: :イ: : !                       | ああ
      /:/: : : : : : ∧: : ヘ:ハュ、   > _ ィi´ : : : : ∧ : |                        乂____..ノ
      !/: : : : : : :/: >: : :ヘ:ハ   `ー--、rトi: : | : : : : /:ハ: :ヘ      
     /: :,r - - - ― \: :ヘ:ハ  _/=ⅷェト : |: : : :/: : :ハ: ヘ      なら「勝手な判断」は――ねぇ?
     /: ,´:::::ヽ:::::::::::::::::::ハ: : ヘヽ=人ィ介八y-|: : :ト― - -、ヘ
   /: : |:::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヘ: : ヘハ  //|||ト``!:/: : :|:::::::::::::::::\\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この幼さでどんなセンスをしているのか。すぐ横からの援護もあり、武器を抜きかけた
 護衛達の動きが止まった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

68 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:54:58 ID:???0



                       .,. -─- 、     ほら、わかったら散れ散れ
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ    ・ ・ .・ ・ .・ .・
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:.    伝言は聞いたぜ
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!  
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡   紬には俺が              ・ ・ ・
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡  「どんなのが欲しいか聞いてた」と伝えろ
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|   
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
        /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;
       ,′ノ人 jりi ;: : : : :''''';;;;ゞ ::;;   ...:.:.:.: .: .: .;;:i1 i爪ツ"´.:.:.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「女皇は来なかったが」、ジャギに「意思はあり」、「言伝てを受けた」ことで、
 護衛の動きは封じられ、静かな村にひと時の平穏が訪れたのだった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



     /  /   l /    ハ      \  、   ヽ  ヽ
    i  /l   l /l   / /  \ ヽ   、 ヽ  i   i i ヽ l
    l  i l  __l_l_l_|i___| ll.    リ i   li__A-ナ、  l l lリ
    l  l  i   l l ヽ\ ¨ヾー-- レl  ナレ l /l / /l/ /
     l ハ  ヽ  ヽ,ヽ- ,==-_   ノ /_,∠、l/ //ノ
     l l ヘ  ヽ  iヾ`(::ヽ-ー)`   ̄ '7ヽつ,ヾィ' '/イ
     リ ヘ  \ ヽ  ̄ ̄ ̄      `ー-'  / / l
     /  ∧ ヘ  \ヽυ       丶     .i / lヘ     …
   / / ヘ i  ヽヽ   __         / / il \
  / ´    〉 l   ヽヽ  '、二二ン     / /   l   \
./      / ヘl    ヽヽ 、 _ ¨¨  , ・ '/   /   ヘ   \
    , - 、/  l    ヽヽニ―=、' l¨¨, `l  /    ヘ    \
   /      l     i i\ /ヘ l / l i      ヘ、_    ヽ
  /       l      l l  \ゝ'-'-- 、l l      \ヽ  l l


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幾人かの心から、平穏を奪い取りながら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

69 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:55:21 ID:???0




                 _,,,,........,,,,,,_
              _..-''゙゙:::::::::::::::;;;;;   ゛''-...,
                 /:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
              /..::::::::::::::::::::: ;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           /.:::::::::::::::::::::::: :;: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, l
           l..::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:;._,,,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
         l.::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::,r'|' .,r'. /.,、...;;;;;;;;;;;;;;.!
         | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:l. V.;;;;ヘ,,/│;;;;;;;;;;;;;;;{
          | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;|`、', ,.:;....;;...,iii_゛ー ..,_.... ,.l
            l:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;;;`、`゙..;モ..lニ.: :二=,,,,二.ノ'
        ./:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;; `、┴.. .;`、゛L::::゛ー・ハ;i`、
         /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; ゝァ . ; .....''゛゙''''- -イィ. ゙l
  i゙i   ./.:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ.._    _...-―''ニヘ!   (しっかし、なんでアイツもここまで
  l .i,  \ _.____: ::: :  .:;;;;;;;;;;;;;:; ,.、i,.;;;;;; l ; i`l.'.;;.、i,. ;ナノ     神器なんかにこだわるかねえ…)
  l,. i.     ,r'. ゙゙゙゙゙゙゙゙̄゛'''''''''''”゙/l`、;;;.|  l  |..::! ! l;l l.l
  l  i   ./            / /. `、.| ;│;; l :.i | |.l /     (今んとこ平和じゃねえか)
  .!  i ヘ...,,        / /..i.   l. :;.t,,_凵. -´/
  .l   i. : :`゛''- .._    ./.  /. .',.   `、 ;..:::. ,iナ/ .,./
   l  i. : : : : : : : : :"゙''‐-/  .l  .i,    ゛l''''''´  .//     …ちょっと調べてみるか
_,, !゙.|   `、. : : : : : : : : : :/.   ヘ'- ..゙,,__.  !   -'゙ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「ジャギが動き出した」――それが柊家、いや「既存の国家」にどれだけの警戒を与えるのか
 
 さしたる力も持たず、ただ長く生きているだけ。常に補佐役であり続けた男は
 時間稼ぎに成功すると、いわき漁港(仮)で地盤固めをしつつ、現代の情勢を調べることに決めた

 しかし、平穏な時間は刻一刻と終わりに近付いている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

70 名前:michi[] 投稿日:2013/12/02(月) 23:55:33 ID:???0



.     /  /       ! ィ                     `  、  \    '  `  、
..    /  /       j/ :!            !        _  \  \/     \
...   /  /_____/  i            i _  -‐ ¨ ̄      ヽ  \       ヽ ___
.     /\       /  ハ  、   \,、_r ;´:\  ヽ                 ≧=一    :.⌒ヽ
.          \   /   ;  i   ヽ      ∨:::::::::`::....  \  \        \ 、     :.   i
.   i  '     \/    ,i  iN、  \     ヽ:::::テ¨ ̄ ` 、\  \      ⌒⌒ \     !   i|
.   ││     , /  /:|  !::ハ      i    \     ィ   \  \      :、   ヽ  '  j!
...  ! │    /iィ    :! イ:::::::ヽ.   ト      ヽ≦::::     i ヽ  、\      i Y   V
.     |   く  :!    / !::; ヘ:::\  | \     :.        |  \!\ヽ   |、 :!ヽ  ,       __
.    ヽ!    \ |       l/   〉::i \!   \   :!      :!       \   |ノ│\/   .。o≦.ニ三
.      \     |       l、  .::::::;       \       i  |       i´\! ノ、   Y≪ニニ三三三
.             |       人::   `〈:::::::::r:     \!    し ; !        | 77 /、ヽ/ニ三三三三三
.             i  /     Y  /`::::::::::.              /|       | /イl//jNニニニ三三三三
.             | '\     :!. /::::::::::::::::::...::::::::::¨ ̄     /' |       l    j/ニニ三三三三三三
           j/   ヽ   八::::::::::::::::::::r ´          /  |       |   iニニニニニニ三三三
                     \  i \:::::::::::::::::........          '    !        |   |ニ三三三ト ニニニ三
                      iヽ{  \::::::::::::::::::::::..     /    :!       !   !ニ三三三!.: :\
   : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :..\::::::::::::::::::::..      ......:::|      iニ三三三三三|: : : : \
  : :   見なかったことにしよう…  : : .i≫。.:::::::::::::::.......::::::::::::::::::::|       , !ニニニ三三三|.: : : : : :.\
.  : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : . |   ≫。.:::::::::。o≦ ヾ:/ !    / jノニニ三三三三|: : : : : : : : :
                      | |      | r≦三三ニ7   /三│   ./ニニ三三三三三三! : : : : : : : :
                      | |     ! \三三ニi  くニ三三:   /ニニ三三三三三三f¨| : : : : : : : : :
                      l ;      ::.___\三ニ!   \三ハ  'ニニニ三三三三三/ |: : : : : : : : :
                      |  ヽ    :.     ̄ ̄ ̄   くニニVニニ三三三三三/   !: : : : : : : : :
                      j/、  \   ヽ               〉三三三三三三三≫”    ; : : : : : : : : :
                   \  \   :.          /〈三三≫-く-t==≦        i: : : : : : : : : :
                         \  \       /  .У::7  . : :Y::`::..、       ∧: : : : : : : : '
                     /     ヽi.    /    /::::::i. . . : : : :!::::::\\    '  :.: : : : :/三
                     /        j!   /      /:::::::;:!: : : : : : ヘ :::::::::ヾ:\  /   ヽ /三三
                     /         /     ,/:::::::/i乂__  イ:::∧::::::::::::::::::\  ,//三三三

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …いや、今日ガリガリと削れていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

77 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:12:30 ID:???0


                              _
                               l7//
                                ´∠l
      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│  お?ハクか。どうした?
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三



             , --―-
          , ' ,'
         ,  (
           l  λ、__, --―-_
         `ー    ヽヽ  |::::| ヽ
          , '  、    ', ',  ||   ',
         ,     人     '.   ||   ',
          {   ナーモ--、   r-||、   '
         |r,  ll ┰-,`ヽ l   {:::::::|   |
         リ丶 || ┃     |   }:::::::| ,--,/、      「どうした」と言える神経が信じられませんよ
         丿     u |   |:::::j/.:.:ヽ.:.:.:` 、
          \     ,イ   |イ |.:.:.:.:|ヽ.:.:.:.:ゝ    慌てて来るに決まってるじゃないですか
            ヽ    /  /,,,-┤.:.:.:| ゙, ト /、
            ゝ __.,´ `ー ___ ト、_j| l ヽ.:.:.:.\
               ,-―-、: : : : : Y.:.:|   ゝ_/
              r    ヽ: : : : : .|..:.:| ゙   \
               |       |: : : : : L__|、    \
               |     ノ: : : : : : : : `、ヽ   ヽ
               l     /: : : : : : : : : : :ゝ ヽ    ` 、
               l___イ: : : : : : : : : : : : ヽ        ヽ
              l:::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : ゝ      メ
              l:::::::::::::|弋: : : : : : : : : : : : :`,       ゝ

78 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:12:42 ID:???0



             ,. -ー ' ´       `ヽ
          , -ー ′              ヽ
        /.:.:.:.:  /   l   ヽ   \  `ヽ ´ \
       /.:./.:. .: /    ヽ.:.  \  ヽ,   \  ヽ
       /.:/.:.:...:.:.:. l .:   \ \.:.:  ヽ ..:l    ',   、
      l.:ィ'.:.:.:.:.:.!.:.:.| ト;.:.  _ヽ,ィ|'ヾ, ̄「、.:|     !   l
      | |.:.:.:.:l.:.|.:.:∧| メ;.:.  |}/  ヽ/ ヽ!:     |   !
       l.:.:.:.:|.:.ト十ヾ  ヽ.: /  ィ仡卞ゞ !:    |   |
       ヾ\!ヾ、ケ仡卞 レ'    r':::::}  l:      !    l
         ∨.:.:ヽ r'::}      '一'  |     |   |    そりゃ、こんだけの武装した兵が
          ∨.:.:.} "´ ノ           /     !、  !    村に押し寄せりゃあね…
          l.:.:.:.l               /     /.:.:ヽ  l
           〉.:.:.:ヽ    ,. -、    /     /.:.:.:.:.:\ ヽ  
          ∧.:.:.: .`ヽ、 ゝ-一  /     /:::l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \
         /.:.:.|.:.:.:.   !>、 -ー 7゙     /:::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.   \
        /.:.::::::::|.:.:.:.   ヽ::::|  /     /:::::::::::ヽ、.:.:.:.:.:.:.:  ヽ
.     /.:.:.:::::::::::/.:.:.:.    Y´ /.:.:.    /77 一-- 、.:.:.:..\:.:.  \
     /.:.:.:.::::::::::/.:.    /`  {.:.:.     {//      `ヽ.:.:.:..:\.:..  \
    ヽ.:.:.:.::::/.:.    /     l.:.:.     ヽ         \.:.:.:.:ヽ    ヽ
     \/.:.:    /_   _  \.:.:.    \         ヽ.:.:.:.:l.:   〉
     /.:.:    /-ー ミニ゙--`Y ´ \.:.:.    \        \.:l:   /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 二人とも、意図的に今しがた起きた出来事について触れずにいた

 出先から駆けつけてきたハクは「そんな場面は見ていない」し、ルイズも殊更思い出したくはない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

79 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:12:57 ID:???0



        ∧_∧:::
       ( ´Д`):::     おう旦那、それに皆
     /⌒ 丶'   ⌒):::
     / ヽ     / /:::    ちゃんと無事か?
    / /へ ヘ / /l:::
    /  \ ヾミ  //:::
   (__/|  \___ノ/:::
       〉    /:::
       / y   ):::
      / /  /:::
     /  /::::
    /  /:::::
   (  く::::::::
   (\  ヽ:::::
    |  \ ヽ:::::
    |  .i:::\ ⌒i::
    | /::::  ヽ 〈::
    | i::::::  (__ノ:
  __ノ  ):::::
 ̄(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ハクと共に駆け寄ってきたのは、ガッチリとした体躯をした亜人の男だ
 普段はチャランポランな態度をとってばかりではあるが、村内では意外と頼りにされており、
 港まわりの男達のまとめ役のような役割を(非公式ではあるが)請け負っている
 
 まだ日は経っていないはずなのだが、初対面の頃から、何故かジャギが気にかける男だ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

80 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:11 ID:???0



                  , r ― ニ=二ニ=ヽ
                /: : : : : : : : : :\: : : }
                  / . : : : : : : : : : :, ィ´`ヽノ\_
                   / . : : : : : : : ; ィ´.   .   . `i
              / . : : : : : : :/. : :  . : : : . : .  |
              / . : : : : : : /. : : : : . : : : ィ: /: :  }
             ,' . : : : : : : ,': : : : : : : : :/|ハ: : : . :/
             / . : : : : :/! ∧: : : : :r' `ヽ }: : ;ィリ
           /. : : : : : /:/ |/: ハ: : l\`=='/:ノ'
         ,. イ : : : : : : : /: : l: : : :ト: :|      ,ゝ              .     ・ ・ ・ ・
      , ィ ´. : : : : : : : :/: : : : :ハ: : : ! `i  ⊂7イ      ええ、なんともないわ。シンさん
      / . : : : : :/: :ィr.く ̄ ̄ `ハ: : :|>ェ、` ´ソ
      ', : : : : /: : :/: /.::ハ:::::::::::::::ヘ: : |K>:',: . `!       
       ',; :ィ:´: : : :/ : ! ::::::::',::::::::::::::}',: :|'│∧: ヘ
   ,. ィ.´: : : : : : :/: : l :::::::::::レ::::::::::::|: :`| リ:::::ト: . !
  /. : : : : : : : : :/: : : } ::::::::::リ:::::::::::::{,: : :! |::::::|: : .,'
 ( : : : : : : : : : ノ: : : / ::::::::::/::::::::::::::ハ: | |::::::::ト,:リ
  ', : : : : : : : : : : : : : !.. ::::::::/:::::::::::::::::::::`ト'::::::::イ/
  ヽ : : : : : : : : : : / .:..:::::/:::::::::::::::::::::::::::::}::::::,'l
   `i : : : : : : : : :l .::::l::::/}:::::::::::::::::::::::::::::l::::::{|
    ノ : ィ: : : : : : : ! :::::∨ |::::::::::::::::::::::::::::::|::::::l
   ノ ´ | : : : : : : | .:::::::| /::::::::::::::::::::::::::゚:::|:::::::|




         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \    「なんでもない」わけじゃないけどね…
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /    シンさん、村の皆は?
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /     急だったから怯えてるんじゃない?
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ
    /  r'7     ノ:::::∧` >< /     /:::::::::::::::::::::::ハ  ` 、
   /   /´/     ∧:::::::::∨ ,、 ∧     ヽ; -ー' ´::::::::::::}.    \
. /    |::/     /::::::\:::::∨ | /:::::ヽ      \::::::::_,::::ハ       \
〈      /     /:::::::::::::::\ ヽ7::::/::ヽ      ヾ´::::::::::::::::l        \
 ヽ   /     /::::::::::::::::::::::::`::^__´::::::::::l        |::::::::::::::::::ヽヽ      ヽ
  }  〈      ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'一::〉       l:::::::::::::::::::::', |      /
  〉  ∧      ヽ::::::::::::::::::::∧:::::::::::::/         /::::::::::::::::::::::∨    /
. /  |:::::ヽ      ',::::::::::::/| ト;:::::/        /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   /
. /   l:::::::::}      }::::::/  || || ∨        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〈


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 名前は八頭身。周りからは「シンさん」と呼ばれている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

81 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:25 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ジャギとルイズ、大河の前に、馬車から降り立った紬。それを取り囲むようにして柊の兵士達
 そんな光景を、漁を終えた漁師やその家族、村人たちが遠巻きに立っていたのを、ルイズ達も
 把握していた

 女皇の護衛としては異常に少ないとはいえ、100を超える武装した集団がやってくる
 橋向こうから…つまりは同じ自国領からやってきた正規の装備。暴れる様子がなかったとはいえ
 警戒感を抱くのは当然だろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

82 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:41 ID:???0



        ∧_∧:::
       ( ´Д`):::     いや、あれは遠巻きに眺めてたんじゃなくてよ…
     /⌒ 丶'   ⌒):::
     / ヽ     / /:::
    / /へ ヘ / /l:::
    /  \ ヾミ  //:::
   (__/|  \___ノ/:::
       〉    /:::
       / y   ):::
      / /  /:::
     /  /::::
    /  /:::::
   (  く::::::::
   (\  ヽ:::::
    |  \ ヽ:::::
    |  .i:::\ ⌒i::
    | /::::  ヽ 〈::
    | i::::::  (__ノ:
  __ノ  ):::::
 ̄(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




           ∧_∧   从从
           (  ´Д`)   ビシッ  
         _/  ⌒ヽ  (⌒)       囲んで「やりますか?」って…な!
       ⊂二 /    へ  ノ ~.レ-r┐ 
          /    /  ヽノ__ | .| ト、
      _ _レ   /〈 ̄   `-Lλ_レ
    /   __ノ   ̄`ー‐---‐′
    ヽ <  | |
     \ \ | ⌒―⌒)
      ノ  )  ̄ ̄ ヽ (
     (_/     ⊂ノ

83 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:53 ID:???0



:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __        相手…誰だったか知ってて言ってる?
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \                           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \                          | 知らん!
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\   .                     乂_____..ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...   うわ…うわぁ…
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:



      /: : : : : :./: : : : :./: : : : : : : ヽ: : ヽ
     /: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : : : : !: : : :ハ
     /: : : : :./: : : : : : /: : : : : : : : : : : |: : : : :ハ
    /: : /: :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : : : :.',
    /: :./: :/: : : : : : : :/ヽ/ヽ: : : : : : :.ハ: : : : : :.',
   /: :/: : :!: : : : : : :〃/ \|:.!: : :斗匕∨: : !: : |
   /: :/: : : !: : : : : /才T示ト !ハ: : /rz=ぇ!!: :/: : | ̄ ̄¨ ' ‥‐- 、___
  /: :/: : : :|: :|: : : i  vZツ   |/ vZツ |:V: : : :|           ̄ ̄¨ ,二ニつ
  /: :/: : : : |: :ハ: : :.ヽ.       '    |厶イ: :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー--、  くふ
 /: :/ / ̄∨|: \|\>          ハ_,〃レ             `ー'゛
./: : : :,'     V: : : :ト、   ∠⌒)  , イ/       漁師なめんなってやつね?
: : : : :.|      \: : :\> 、  , イ: : :リ                    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
: : : : :.|   ヽ   !ヽ: :ハ \_/  「 | |: : :∧                    | おうさ!ハッハッハ!
: : : : :.|       |::::|: :.ハ彳ハ メ、|∧: :.!:∧                     乂__________..ノ
: : : : :.|       |::::|: : : Vん|ト、_》!: :.V: : :.ハ
: : : : :.|       |::::|: : : :.}  |!  /: : :.ヽ: : :.ハ      笑いごっちゃないわよ
: : : : 弋二T ̄ ̄¨|::::|: : : :.|  !! /: : : : :|: : : : !

84 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:15:00 ID:???0



    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!       (爬虫類系じゃあねえが…コイツもコイツでなあ…)
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 戦場ならともかく、政治的な感覚などさほど持たないジャギは、今回紬の行った奇襲じみた
 突発的な事柄に対処するだけの能力はない

 元より主自身がそうであったように、策を弄して相手を嵌め込むか、力技で粉砕する
 それしか手札がないのだから、今回の時間稼ぎも苦肉の策でしかない

 時間と距離を置くことによって、紬が望む神器を渡すという約束を、守るか反故にするか
 それについても考える必要があったからだ

 しかし今、この4人を前に、ジャギは別のことを考えていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

85 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:15:13 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここへ来てようやく定まってきた。ジャギの目的は「やる夫の生まれ変わりを待つ」か、
 それとも「やる夫の元へ行く」かのどちらかの達成だ

 ハクを皮切りに、こうして次々とそれらしき人間が集まってきている
 「歴史は繰り返す」という事柄は、ジャギの中ではもはや疑いようのないものとなってきていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|  (ただなあ
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│   なーんか違う気も…すんだよな)
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ピンクにブラウン、ハクにシン。生まれ変わりだという思いは強い
 前者の「生まれ変わりを待つ」という流れからいえば、ここに「ニューソクデ家が揃う」というのが
 一番穏当で望ましい結末だ

 後者の「やる夫の元に行く」――これは「生まれ変わりがある」という前提と、
 「歴史は繰り返す」という前提のもと、ジャギ自身が「流れに乗る」というものだ
               ・ ・ .・ .・ ・ .・
 つまり端的に言えば、ジャギは死ぬ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

93 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:39:53 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 死ぬといっても条件つきだ。なにもジャギとて好き好んで死に飛び込もうというわけではない
 「流れに乗る」というのはやる夫の立ち位置をなぞり、そして死んでいくという意味だ

 この世界で唯一歴史の流れに乗らないのは、不老不死に限りなく近い魔族であるのは
 言うまでもない。そして魔族はその特性上、おそらく繰り返す歴史の流れからは外れている

 その魔族の血が流れるジャギも、死ににくい、という特性を引き継いでいるだけとはいえ、
 既に200年近くの歳月を生きている。ジャギもまた、ヒトが魔族に比べ、非常に短い歳月で
 繰り返す「歴史の流れに乗れない」という可能性は十分にありえる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 だから強引にでもその流れに乗り、やる夫の立ち位置に陣取ることで、
 ヒトと同じ「生まれ変わりの流れ」に乗ろうというのだ

 そして死後また部下――いや友として繰り返す。それが望みだ

 ジャギにもまた、魔族の血が流れている。こうしてやる夫に対して今もまだ執着しているのは、
 単純にあの頃が人生において最も「面白かった時期だから」だ

 早死にするために傭兵稼業を続けるという一族の考えは、
 あながちすべてが間違いだったともいえなかった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

94 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:40:12 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 退屈は魔族に死をもたらすと、魔界の四天王であるヴァンプなどは言っていたが、
 彼ら純血の魔族の言う死とは、グールになることなのではないだろうか?

 精神の死の行き着く先が、あの圧倒的な再生能力を失った姿だ 
 魔族といえども、並の者なら一度に4、5回も死ねば、それに至るというのだ
 死そのものではなくとも、ヒトでいえば瀕し、危篤、そういった状態に当てはまる

 しかしジャギの場合、どれだけ生き飽きてもグールとならない
 恐らくは、ヒトの血が混じっているのが関係しているのだろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               _,,,,,,........,,,,_
        .,...-''"   ;;;;;:::::::::::::::゙゙''-.._
      , ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヽ
     ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::ヽ
    ./;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;; :::::::::::::::::::::..l、
    l. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;: ::::::::::::::::::::::::.ヽ
   .| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,,_.;:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::..!
   .!.;;;;;;;;;;;;;;...,、 ゙'、 .ヽ '|ヽ::;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.l
   . };;;;;;;;;;;;;;;│゙i,ノ.;;;;.|/ !:;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   .l、...._,.. ー"_iii、...;;....;:.,//| ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   ヽ.二,,,,=二: :.コl..テ;..゙´,/ ;;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::l
   ./.,!;ハ・ー"::::_l."/.;. ..┴./ ;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::ヽ        (だからって戦場で死ぬとかならともかく、
   .l゙ .ゞミ- -''''゙"''..... ; . rッ″;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::\       俺が自殺とかは…なあ?)
   .!ヘニ''―-..._    _..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.   /i
    !、t;; .,i、.;;.'.l`i ; l ;;;;;;.,i、、;:;;;;;;;;;;;;;:.  : ::: :____._ /  ./ i
    l.l l;l .! !::..|  l  | ;;;./lヾ“'''''''''''"゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄.ヽ     l .,!
    l, l.| | .!: l ;;│; | ./  ! ヽ             \   l .l
     .li`- .凵_,,l゙.;: .l″ i. i .ヽ        ,,....,゙ッ ./  !
   .|i、 ゙、|'ti、.:::...; /   /. .!  .ヽ     _.. -''"´: : │  !
    . l.\  `''''''l″  .,i  l   ゙!,i-‐''゙゛: : : : : : : :./  .!、
     .!. ゙'-   !  .__,,゙.. -'ヘ   .ヽ: : : : : : : : : : ./   | .゙!〟


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「ガラじゃねえ」としか言いようがない
 それ禁じる信仰を持つ持たない以前に、彼の矜持はそんなことを許さない

 死ぬ時は笑って死ぬと決めているのだ
 もちろん、笑いながら飛び降り自殺するほど狂ってもいない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

95 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:40:28 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 状態を保つという事に関して、生粋の魔族は異常に優れているが、
 ジャギのように中途半端な存在は、故に最も苦しむことになる

 仲間との死別を繰り返しながら、さらに生まれ変わりすら確認してしまっている
 取り残される立場というものは、思っていたよりも辛いものがある
 いっそグールになれればどれだけ楽か。血族の生業がある意味正しいと思うのはこの部分だ

 目的もなく長生きなど、するものではない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                -‐ - 、
         /           \
        /  〃 |         ヽ
.       {  { |  |       ハ
       ゝ 从.|  |  丶     .}
        `l リ  |   八    :|
.         !ノ'  |    \   \     柊の兵士…まだ半分くらい残ってるわね
.        ソ   | ハ   `ヽ.   \    …監視のつもりなのかしら?
         八   从. \    ハ  }
        ∧  ヽ冫rf千≧=、 ノ  /
.        爪∧   \///////} ;  f
      {//刈.    ∨/////| i 八
        ∨/ノ    ノt/////| ヽ   \
        }彡   /从,//////|  }    )
      ‐=ミ-‐ jハ }///////| ′ /
      爪    \ゝ|ノ ////// |/ {〃
       |' \   ヘ ∨//////,}  从_ ィ
     f`ー‐┐ト  /∨/////,} ' ヾ一'
     |////| ,! `´  ∨////ィ}   l ヽ
     |///く∫孑 , -‐=∨///'∧ l 丿|ノ

96 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:02 ID:???0



      /: : : : : :./: : : : :./: : : : : : : ヽ: : ヽ
     /: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : : : : !: : : :ハ
     /: : : : :./: : : : : : /: : : : : : : : : : : |: : : : :ハ
    /: : /: :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : : : :.',
    /: :./: :/: : : : : : : :/ヽ/ヽ: : : : : : :.ハ: : : : : :.',
   /: :/: : :!: : : : : : :〃/ \|:.!: : :斗匕∨: : !: : |
   /: :/: : : !: : : : : /才T示ト !ハ: : /rz=ぇ!!: :/: : | ̄ ̄¨ ' ‥‐- 、___
  /: :/: : : :|: :|: : : i  vZツ   |/ vZツ |:V: : : :|           ̄ ̄¨ ,二ニつ
  /: :/: : : : |: :ハ: : :.ヽ.       '    |厶イ: :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー--、  くふ
 /: :/ / ̄∨|: \|\>          ハ_,〃レ             `ー'゛
./: : : :,'     V: : : :ト、   ∠⌒)  , イ/      好きにさせとけば?
: : : : :.|      \: : :\> 、  , イ: : :リ       宿代と労役でこき使っちゃいましょ
: : : : :.|   ヽ   !ヽ: :ハ \_/  「 | |: : :∧
: : : : :.|       |::::|: :.ハ彳ハ メ、|∧: :.!:∧      あ、さっきジャギが女皇を『転移』でね――
: : : : :.|       |::::|: : : Vん|ト、_》!: :.V: : :.ハ
: : : : :.|       |::::|: : : :.}  |!  /: : :.ヽ: : :.ハ
: : : : 弋二T ̄ ̄¨|::::|: : : :.|  !! /: : : : :|: : : : !




          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、   c
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}   っ
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '   つ
.       ′    /」∧   T寸i=‐+   ハ|| !
      {1   ‐i爪{  、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′
.       八 个゙迦リ ∨  迦ソ|l  レ' ∠-‐. :7    聞きたくない!見てもいません!!
         ヽ ゞ ¨´ ,    u |l   レ'_:::::::::::/
        | }、u c っ   , リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 …まあ、目的や動機はともあれ、ジャギが「おかしい」と感じたのは、
 ジャギ当人が生まれ変わらず残っていること。ではない

 今のところ、「やる夫」と似た立ち位置にいる…と思う
 得体の知れない存在として周囲――主に紬とくれない夫からだろうか?に警戒されているのを感じる

 ただ、それ以外のメンツの立ち位置に違和感があるのだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

97 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:18 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 まずハク。いや、とりあえず生まれ変わりだと仮定してだが…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   (別に今のコイツに
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    何を感じるわけでもねえんだ。うん)
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前世はジャギの妻だった。複雑な心境もなくはない…いや無いが、少なくとも今のハクは
 別にジャギと特別な関係にあるわけではない

 …むしろマヨポジションなんじゃないか?態度も立場もそんな気がしてならない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

98 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:40 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ピンクにブラウン。こちらは蒼と翠っぽいのだが、貴族として育ったせいか比べれば割と有能だ

 …この3人は性格は生前と変わらない気がするのだが、
 領主という立場となったピンクとブラウンは、よくよく考えてみれば、かがみ・つかさ姉妹のようだ

 八頭身も、まだここに着いてひと月も経っていない短い付き合いだが、
 シンと同じくチャランポランではあるが、まず戦いもせずここに居るのがおかしい

 今は村の警備として雇われているようだが、別に奴隷身分というわけでもなく、
 どこぞからフラフラと放浪した末、ここに居ついたのだという
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

99 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:56 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そして極めつけは、柊皇国の女皇紬だ

 梓が帰った後、数日でここまでやってきて言い放った言葉がこれだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              ≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=
                     / /  /   //    /|   ',
                      i / /   / /     / ||   i
                |     |./ /  /  /   /| イ i   |
                | |    イ / /⌒ヽ /  /  | / | |  | i
                ヘ|    |/{/  ̄ ̄ / /   |/ | |  | |
              / ヘ|   |      ヽ //    r‐┐ | i  | !
              {  /|     ir=ニミ        `V /  / /
              \ |    ',:::::::...      ´     /  / /
              .  ー|    ヽ::::::::      =ニミ // / /
                ヽ |     ヽ     '  :::::::::/: ://: :|     嫌がらせです
                 \  \ ヽ ヽ       /: : : : : :|::|
              \   \  \ ヽ   ̄   ノ:|: : : : : ::V
              ´::: ̄ ̄::`ヽ、 | ヽ--─ : :´: : |: : : : : : |
              :::::::::::::::::::::::::\|ヽ |ヽ |: :| : : : : :| :i: : : : ::|
              ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ| .|:: ̄ ̄:::`ヽ :|: |:: : : : :|
              :::::::::::::::::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::ヽ|: | : : : : |
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::||: |: : : : ::|
              ≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それは羽川の位置だろう。何故そこに立つ

 いや、散々煽るような真似をした俺も悪いんだが…とジャギも反省しきりだが、
 少々方向修正も考えなければならないようだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

100 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:42:10 ID:???0



    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!      なんか分かり易い事件でも
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉      起こればいいんだがなぁ…
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、



             ,、   ,. -‐…・・・…‐-ミ
             ゝ`: ´: : : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
             〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 :\
            /: : :, : : : : : : : : : : : : :、 : : : : : ハ: : :.
            ノル': :{: :: :!: !: : : : : : : : :} 从',: : : :i: : : :.
              ´{: : : :!: :孑廾ト : : : 孑廾ト、ハ: : : }: : : :!
.             八 : 从: l〃ミx、ヽ: : :ノz≠ミxノ,ハ: : |: : : :|
            ヽ: : ヽ! f、,.  )イ f.、,ィ 从}: : : |: : : :|
             }:八ゞ弋:!     匕リ  |: : : i : : : {
                八: !ハ.    ′     ,′: ∧:: :八    え?何か言った?
               /: : : | 人            ノ: :: :,': :ヽ : : \
.           /: :: : : ::|: : : : ト  `   .イ: : : : i : : : ', : : : :ヽ
         〃: :: : : : : :|/: : : :V `こ __/|: :: : : !: : : : \: : : : \
          /: :: : : :r一У : : : : }  /Yヽ  {: :: : ::{`ヽ、: :: :`: : : : : :.
.         {: : : : ////: : : : : : i.、/    ', .{ : : : 八/刈、: : :} : : : : }
        ヽ: ://///, : : : : : : ノ∧,.‐== 、∧ : : : : ∨/∧: : : : : :/
.          } ////// : : : : : ∧/∧zΑz/ ∧ : : : : ヽ/ ∧: : : :/
.        ノ////// : : : : : 〃///∧レt///,∧: : : : : ∨ ∧: : {
.       /://///,{ : : : : : 八//////}{///// }: : : : : 冫/,|: :: :ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 考えてみれば、200年前に比べると、大陸全体の人口そのものも増えている
 「1人目」、「2人目」。そしてやる夫の時代も、そのまま同じ出来事が繰り返されたわけでもないだろう
 ある程度の誤差――違いがあるってもおかしくはないか

 そうでなければ増えた人口分の「魂」とやらはどこから来てどうなるんだ?
 ジャギの頭でとりとめない考えが堂々巡りしかけたとき――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

101 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:42:24 ID:???0


  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
 /__  __  /   ____     ̄  / /
 _./  //  /  ./____/   ___ノ /
 |___ノ.|___,/.           /____,./


            __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
           /__  __  /   ____     ̄  / /
           _./  //  /  ./____/   ___ノ /
           |___ノ.|___,/.           /____,./


                      __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                     /__  __  /   ____     ̄  / /
                     _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                     |___ノ.|___,/.           /____,./

                                __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                               /__  __  /   ____     ̄  / /
                               _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                               |___ノ.|___,/.           /____,./


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ・ ・ ・ ・ ・
 望み通り事件が起こった。ここからが繰り返しの始まりだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

110 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 20:56:25 ID:???0




┌────────────┐
│   スクナ           ...│
│   残飯神社敷地内    .│
└────────────┘



                || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                ||_______________________|
                    |   |        || 残 ||       |   |
                    |   |_..       || 飯 ||      .._|   |
                .   | ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   | ̄|
                .   |_|   |,______________,|   |_|
                    |   |                     |   |
                    |   |      .    | ̄| .          |   |
                    |   | _____/|_|\____ .|   |
                    |   | |_____/  /\ ..\___|...|   |
                    |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   |
                    |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   |
                  ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |\
                 / ..|   |,______________,|   |_.\
                .. ̄ ̄|   |                     |   |
                    |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
                    |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   |
                    |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   |
                    |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (  ,,)...十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |

111 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 20:56:38 ID:???0







                -‐====‐-
               ´: : /: : : ヽ: : `ヽ: : : `ヽ、
            /: : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : :ヽ :.
         /: : : : /: : : : :/小i:.:: : : : : : : : : :.:i: :..
.         ′: : : : : : : : ;': :': {:i:i: : : : 、ヽ:.:: : :|: : i
         : : : : :i: : |: : : :/ トN: : : : :}ニ>、: ::|: : |
         i: : : : ::|: : |: : :厶フ  \: :/   V |: : |
         |: : : : ::!: i:|i: : |     ∨ ;x=ミ Ⅵ: : !
         |/: : : ::l:i:l:|l: : l xf'刀     ト゚リ }i !: ::|
         {/ l : : 川八,.イハマJj    ` ’ 从i: ;イ
         j ,小: :{:八 : : |i `´    '   }: :{: ::|
          ノノ {: :}: i: : Ⅵ:.|{      __  ., ': ::ハ:::|
       //  !: ': :!: : : ハ从、      /} : / }ノ    …ええ、ええそうでしょうとも
        〈〈  |/: :八: : :ハハ   `7ー'´/|: :{ /      そんな気はしていましたとも
       Vハ l: :/: : }: : : ハハ`ー<}ト、 !: :V
.         Vハ.|: : : : :ヽ: : : : ヽ::ヽ.  仆№{: : {
           ヽ.|: : : : : : :\ : : : \:\|{Ji从: : }
.            l: : : : : : : : :厂 ̄´´\:\l」i」ハ: !
          j: : : :/: : : /      ヾ 二ミ、V
         ノ: : :/: : : / x子ー===ミ、  }ハ
          ,': : :.;': : : / ノ7        V ノ' }
        ′: :.; : : ∧ ミヨ       \ }
          {: : : :i::/  ヽ、」        \  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 手段を選ばないということにかけて、先祖とジャギにある種の信頼すら持っているほどだ
 魔族の掌握のためだけに自分の娘を不老不死の魔王にするくらいのド外道など、そうはいまい

 紬は幼い間だけとはいえ、ジャギと直に接している。嫌いというわけではない
 むしろ尊敬していると言ってもいい

 だから、残飯神社に戻されたことについてもなかば予想の範囲内だった
                 .  ・ ・ .・ .・ ・
 護衛にと選ぶ際、口の硬さと能力のなさを基準にした者だけでジャギの元を訪ねたのも、
 その信頼と尊敬の念を抱いてあるが故だ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

112 名前:<削除>[<削除>] 投稿日:<削除>
<削除>

113 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:05:14 ID:???0



            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /
     l  |   |    __'    /   ∧    ちょっと、そこのあなた
     }  l  人    ー'    /  / ∧    えーっと…なんていったかしら?
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /丨    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /
   |      y′  o У/  /  / /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「…え?つ、紬陛下!?」たまたま境内を掃除していた侍女に、
 有無を言わさずいくつかの指示を与える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

114 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:05:33 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 紬が境内に居ること自体はさほど珍しくはない。しかし側仕えも置かず、一人で歩き回り、
 あまつさえ本来なら言葉を交わす事も有り得ないほど立場が違い、役割も違うはずの
 自分に対する突然の声かけに緊張し、混乱の極みに陥りかけている侍女に、なおも紬は続ける
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  , ´                    \
                /        /    :           ヽ
               ,′  :      /    /|     :i         :.
                :    |     ′   /  |    :|\      l
                 |    |     l  ./-─| i    |  ヽ     l
                 |    |     |  / ^⌒ i八    に`ヽi   l |
                 |    |     | ./      \  |  `^|   l |
                 |   r |     |/   _       \!    |   .′|
                 |   {j.|     iy==ミ       _..   |  /  |
                 |  八| i   |             r=ぅミ j /  |
                 |  / .| |   | ::::::::             ハ/ .   |
                  | ,'  | |   |         ′ :::::: ′  |  |   半数はいわき漁港に残ってジャギさんたちの監視と
.                /     | :..  人    丶 ァ     人   ll  |   連絡用の拠点の設置
              .′    .∧ :..   \       ィ   |   |:  |
            /      / ∧ :....  i >  <  l  l   |i  |   もう半数のどうしようもない方達には、
           /      /__>ヘ :....  l     /ヽ、_i  l   |'  ′  即座に自力でここまで戻るよう伝えています
         /    >'´ ̄. `ヽ∧   |、    /`ヽ: :`ー.|   | / 
        . ′ / / : : : : : : : : :.\:   | \ _ /  /: ': : : |   |∧    大丈夫ですよ
.        /   / :/: : : : : : : : : : : : :i   |_ー、(::) ノ /: /: : :.:.|   |' '.
       /   /  ,′: : : : : : : : : : : :.l   |\ ̄`¨フ: :/: : : : :|   | 人
        /    '  |: : : : : : : : : : : : : :.l   |: 、:丶/:/: : : : : :l   |.'  :..\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 紬が飛ばされたのではない。部下が置き去りにされたのだ
 無駄に人員と装備は整えて出掛けてはいたが、あの時点では一応
 お忍びという体を装って出掛けていた

 街道が整っているとはいえ、別に魔物や盗賊が出没しないというわけでもないのだ
 跡目相続でゴタゴタを抱える者、貴族同士で諍いを繰り返す者、不相応な地位を得ようと
 強引に他家の足を引っ張る者、納税の義務を…etc もちろん志願者のみを選抜して行った
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

115 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:05:46 ID:???0




              -―――――-
           ´              `
        /                  ` 、
       /                /   |    \
                     /    .|     \
     /           /        ,イ      ト、.       ヽ
     ,'           i     /,'       l ヽ        ',
                |    ∠、.|    ,イ |_   ',
   |           |   ./_ノ !    / |人`ヽ ∨       !
    |          |  /´   |  /     `´  ', |   |
    |         ', /    .|/           !  |   |
   |       !    ∨                 | |  |
    .|       .|    |                | / |./
     ',      __|    | ,z≠ミ       ,z=ミ、 レ'   レ'
        / |    |               /:::   |      途中で力尽きれば事故です
     |   ∧ |    |  、、、     、  、、、 ::::::   |
     ∧    ゝ!     !                ,':::::  |     もしそれが起きたとしても、
     ,' |    |     |      、  ,      ∧::::  |     ジャギさんがまだ出し渋っているようなら
   ./  |    |     | \             イ:::::::: !  |     「街道警備を怠っていた」という名目で、
   i  .!    |     ト、 > 、       <:::::|:::::::  | /      またちょっと嫌がらせしましょう
    |  .,'      |     | ` 、   ` -<:::::::::::::::|:::::   レ'
   /   ! /   / :!    !   `> 、 | `ヽ::::::::!:',::   |
  ./   i/  /:::::|    ',       `Y   !、_ 人!   |
 /  /  /-‐.ノ    }      /⌒ヽト、`ー!    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 人材姥捨て山だ。まだ救いようのある者は、ジャギの元に置いて試すが、そうでない者は…
 「忠誠」というのは実は評価する能力に含まれる。その他が駄目駄目だろうと、まだ救いがある

 彼らは片方は「護衛任務」、片方は「開拓事業の援助」として事前に2グループに振り分けられている
 現在街道を慌てて戻っている者達は運が悪い。いや行いが悪かった

 彼らが何事もなく無事に戻っても、別に不思議なことではない
 当然ながらある程度は定期的に街道沿いを巡回してきたし、紬もこれ以上のことを
 仕込んだりはしていないからだ

 だが任務自体は完全に失敗だ。そして女皇には、彼らをどうこうする裁量と、大義名分がある
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

116 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:08:19 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 血の気の引いた表情で、それを出来るだけ出さないよう
 努力する哀れな侍女を見ながら「(忠誠よし、ですね)」とさりげに評価しながら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /
     l  |   |    __'    /   ∧     では、一筆したためますので
     }  l  人    ー'    /  / ∧     部屋に準備をお願いします
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !     何度も出向かされるのも
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|     馬鹿らしいですからね
  /丨    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /
   |      y′  o У/  /  / /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「はい、かしこまりました」との返事も待たず自室へとろうとして、ふと立ち止まる
 まだ何かあるのかと、若干以上に怯えつつ、侍女もその場に立ち尽くしている

 あまり多用出来る手段ではないが、大陸で最大国土を誇る柊皇国が
 少しづつ肥大化し、複雑怪奇にならぬよう、時にはこうした豪腕も振るわなければならない

 今回の一件で急を要するような仕事の幾つかは消化した
 なので今はそれほど性急に神器を手に入れる必要もなくなったとはいえるのだが――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

117 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:09:01 ID:???0



               -―-
            <         `> 、
        ./               \
        /       /        ',   ヽ
       ,    |    /   ∧    |    ',
        i   |   ,'   /  ',    |、   |
        |    |   !  /-=ヘ   ト、! | |
       ',     |!  .| /¨ ̄´ ', ト、|-| ./ |
         |  , - i|   !/___   ∨ __ |/ /
       ,/| .{ ヽ|  /〈て.ノ`   イ_ノ / /    (やっぱり『錫杖』と『バン』が揃ってれば…)
      ./ |  \ |  |         / i
     / ./     `|  |        `  ′ |
      { / /   /,|  ト、    ‐‐  ,イ| ′
     ∨ /__/::〈 |  | >,、__ <|  |/
     /≦:::::::::::::::゙|  ト、 / }::ヽ-|   ト、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 暗殺皇室の面目躍如だろうに。洗脳、認識阻害、その他魔法を篭めた道具
 各王族に対する警戒を緩める事は許されないが、ヴァネス以外との関係自体は
 別段緊張状態にあるわけではない

 紬本人が赴くことによって、ジャギに警戒を強めさせはしただろうが、
 やはり柊皇国は最大の強国である。彼は無道を走ろうと、無茶はしない

 あくまで神器は切り札であり、安定を求めるための「嫌がらせ」だ
 無論、本来は切らないで済ませるのが切り札であり、何枚あっても困るものではない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

118 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:10:34 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 誰にも頼らず誰も信じない。誰もを切り捨て自身を顧みない
 女皇紬は即死魔法の使い手だ。だが、その魔法は「他人の可能性を開花させる」というもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /
     l  |   |    __'    /   ∧    …あ、すみませんね
     }  l  人    ー'    /  / ∧
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧   お名前、ちゃんと教えてください?
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !   ――じゃあ行きましょうか
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /丨    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /
   |      y′  o У/  /  / /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 何の話をしているのか、これまで教えられてもいない話を女皇からされ、
 目の前の侍従はまるで分からなかった

 それでも差し出口を挟まず頭の整理に付き合ってくれた気の毒な侍女の名前を、
 これからは間違いなく覚えているだろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

119 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:11:16 ID:???0


┌────────────┐
│ 旧都 パレスチャイナ    │
└────────────┘



///i! l::::ll::.l l::゛゙l' ,, . `ヽ!  ,,ヘ \!!',                         ./i
///i! l::::ll::.l l:::::l::.'l ゝ,    |::| ..|! .',                        / i!
///i! l::::ll::.l l:::::l:::.l |::::' ,   !::| .ril  ',                      /   i!
///i! l::::ll::.l l:::::l::::l |::::|::::i  .'ヽ |.|!   ',                     / /  .i!
`''-.!! `''-..l l:::::l::::l ..|::..l::::!    .^|!   ',,                   / /   i!
       .` 、 ..l |::::|::::!  ト、  |!    ',____._.               ./ /    i!
         ゙゙'  |::::l::::l  .!::::'! |l    i!\! i           / ', / /     ,i!   γ⌒'.,
            `'=-i  !::::l |l r・, r・, !::::::ヽ          ../  /./  γヽ  i!  γ .l  '.,
                .!::::l |l.| l l .l l::::::::| \        ./  .//   l  i  i!   i .l   l
゛゛''l i!=====┓         ' |l |__l l__l l::::::::| n ..\      /   ./!γ,  l___i  i!   i .l   l  γ ⌒`ヽ
:::::::l   l..∨ .l           |i     l::::::::|.i,! !,i.l    .,'', l‐‐‐‐/ i i l     .i!   i-┼―-.l  ,'     ヽ
:::::::l   l..∧ .|`',   i!'= ,,    |l    .l::::::::|   l/^\' ', l ロ /!i l i__l      i!   i .l   l ,'      ',
:::::::l   \_/::::::',  i!:::::::i! .l'= ,|i r.i .r.i l::::::::| n n l. ロ ロ ロ\',.l   !.i l   /l',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! l:::::l|i l_l l_l l::::::::| i,!i,! l    /.'.l ロ l.i .l  ./ | .',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! i:::::l|i ,'゙゙',  .l:::::::|   l  ロ  l゙゙l .├‐.┤゛l  l .|  l  i!   ゙゙゙'',',',',',/ .|       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! '  .|i l .l  .l:::::::| ___.l ,.-.、 l l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll   ''''''^゙   .|i l .l  .l:::::::| r「」l l:::::l ,.l__l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll..        |i ! !,,,,,.l____| |,l,,,,l-‐''"゛    ' iヽl.ni  l  l  l  i!         l    ┏! |
:::::::l     i:::::::::::ll    _,,.. -‐''"゛゙゛゛゛゛゛ -‐''"゛          i  `ヽ l  l  l  i!         |    ┃  |
:::::::l     i:::::::::::ll._ '''"゛      -‐''"゛              i    `ヽ .l . .l  i!         |    ┗! ..|
:::::::l     i::::-"´      -‐''"゛                  ',      `ヽl... i!        . |      |
:::::::l._. .-'"´     _,,,ー'''"゛                       ',         '-..、       .|      |
        -‐''"゛       ._..                    ',           `''-、,     |      |
    ,  '''"゛                                \            `''ー ..,, |      .|
 ー'''"゛                                      \               `゙'ー .._   |
                                                              `''ー| .._

120 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:11:37 ID:???0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 同時刻。ジャギ達から遠く離れた位置にある旧王都パレスチャイナでも、
 「繰り返し」が始まろうとしていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌──────────────┐
│ Bar パンプキンシザーズ   ....│
└──────────────┘

         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
    ______,|    ...:;;|_____  i ̄i  ||  i ̄i
    |     |   ... :;;|      |
    |     |    ...:;;|      |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         \
                           \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|


      _夊][》-‐―――-v=z
     =ニゝ, 个 〒=    ´ ̄`ミ┐                     ,. -‐==、、
     /,イ |l  ,イl   |  l| |l  ハ\          o   ○o  ゚i       :::ト、
    //| l | / l ト、 l 〃 l| |リ\|   . 。 ゚。  /´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\ イヤッホォォオオォオウ!
  //  | l |/| ⌒ハ|\|‐Z二|レ |コ、   (,.)´)´)´))/   :::::!===l      :::|ス. ',
 / く_ _ | | ゙lヽ 〓   《 f薔}ソ i! ヽ\ |~U~゚ ̄|゚o    ::::/    :!  __ ..... _::::|} ヽ l-、
 ` ̄`ヽ ,>| ! |、⊂⊃ 、_,、_,ヾ=くl| |   `「ニ|::::u.:::::::| O   :::λ   :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
     | | ,'i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__|/⌒){ |    |‐‐- 、:::/|     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     |/ | ヽrriヽx>、 __, イ : : :::ヾ'/ iL|______,ト- __ )/ | ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\ ) 〉
    /| /' ∧ニ,ヘ}:: {><}:: :l : : ::::ハ    / / /::::::: /    (´  __ _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
     } }' 〈:: :: :ッリ:: :_人_: : ::|i/:: :/'´  / /./:::::::::::./      ̄  \:::::::::::\  \';';';';';';';';::/  \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この街の名刺、柴崎家令嬢・薔薇水晶が、平日にも関わらず店にたむろしている「常連さん」達と
 何度目かになるジュースでの乾杯を酌み交わしている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

121 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:12:17 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そんな様子を背景にしながら、タチの悪いホモこと「なにかの再来」やんねえ香が、
 つきまとい対象である、この店の店主と話をしていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          /{  ,. -―z
          /.::://:::::::::::く __ ノ、_
      ー=彡'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
       >.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
      /.:::,:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::.、::::::.(⌒
    ∠:::::::::|::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::|:::ヽ
     /.:::::::|::::|:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::)
.    /ィ゙::::::|::::|::: //∨::::::∧:: /、:::|::::|:::::/
       レ|:::::|::::|::/-一'V.::リ Vー-{:|::::|:::::し
.       レ}::|::::|' ( ●) V´ ( ●) |::::|::::::,′
       |::|::::|      ,.     |::::|:: /    俺、そろそろ「ごめんなさい」しようと思うんだ
       |::|::::|、           /!::::!::{
       |::|::::l 丶   ´ `  /.::|::::|::|
       |::|::::l::::::: 〕 >-< 〔.:::::::|::::|::|
        {ソ.:|::::|::::::/ `Y^Y´ ゙、::::|::::|::レ'}
.     /.::::::|::::l:/ ./{:::::}\  ヽ|::::|::::::::し

122 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:12:36 ID:???0




  /イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.: ハ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:ト、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iヘ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:.:. i:.: /:.:ヘ :.:.:.: :.:.:.:.  :.:.|:.ヽ :.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ム:. ム:. /‐-、i :.:. :.:.  ハ :.|-‐ヘ :.:ト、:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | '
  ハ:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:. :.:  /y 大:. i: ̄`:| :.  :  /:|: i ̄`:ヘ ハ :.:.: :.:.:.:.:.:. :.|
   |:.:r- v: :.:.:   i |メ人k=ヘト、  i /:! /|:/ .:|/才=∨、:.| :.:  :.:.:.:.:.:. i∨
   |:./:.:./  :.:  //く  (・)  え、:.::.ノ/:.:〈く:之. (・)  V i  :.:.: :. i
   i/:.//   :.: i: | ミ`三ニ彡:.:.:.:./´:.:.:.:.:  :.:.:ミ三彡ノ:|イ: ィ :.:.  |
    {:(:. |ハ:.  |∨   :.:._:.:.;, f, ー彡三ミヾト、_ fi    //:.| :. イ:i
   人:.';:.:.:.i:∧ |     /,.イ ̄iT´ :.:.:.:.:.: ` i r-、ニ-!L / :.:.:|:/: /
   /:.:.:\:.、:.:ヘ\|    ´  |!  '    :.:.:.:.:   !|  i|  iト`、 :.:.i/: ハ
 _ /:.:.:.:.:.:.ヾ  ヘ:.:.  ,.ィ       /  :.:.:.:. i      '   :.:/ /:.:.:.:.ヘ
´:./:.:.:  :.:.:.ハ、_ヘ:.:. //       { _ :.:.:.:.: ,_}        :./-´:.: :.:.:.:.\_
:./:.:.:  :.:./イ:/ i:.:v /        ` ヽ_,ノ         :.:/ハi:.:.:  :.:.:.:.:.:.ヽ`
/:.:.    :.:.:.|:i:.:.:.:ヘ: |           .:.         .:./:  :.:.:   :.:.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.    :.:.: ヘ:.: ゝ:.        _ 二ー二 _     .:.イ:.:  :.:.:    :.:.:.:.:.:.
:.:.:.:    :.:  i:.:  \:.    ´-   - ―-  -`   .:/ i:.:  :.:.:      :.:





    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.   |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|        そうですか。ランディさんの
.   |   `-=ニ=- '  u: :| +       顔芸を引き出すのは大成功ですよ
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「でも、無表情で目を剥くのは顔芸に入るんでしょうかねえ?」
 そんな風にいつものようにダディが軽口を叩いている。平常通りの二人だ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

123 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:13:34 ID:???0



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l:::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::::ハl
   人λ::::(| |( ●) .(●::ノレ´     常連客を出せー!
.     |:::::::|::| ,, r-‐ァ リ:|       隠しても為にならんぞー!!?
     .|:::::::|::|、   ー'ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い:::::|::|                             「「ビクッ!!?」」>




                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r`
               ノ / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                    ':::::::::::::::::::::::∧::::::::::::|ヽ::::|ヽ:::::::::::::::::::::!
                 .':::::::::::::::::::∧:Lx:ト::|ヽ|ニ弐ニミ::::j::::::::::ハ
                 }ハ::::::::::::::/彳{´  〉   化ぅ 、Ⅵ::::j「ヽ「
                }::::::::::イィ父リ  {         }::ハ }
                レヘ::ハ{  ++++|⌒ヾ++++   レ } //
                  { ∧      .′        L./       後ろに居るでしょう、後ろに
                     ヽ∧    ーY‐      u  ,::ハ!
                   ー .{l            /|/  ヽ      出来ればすぐ謝ってください
                    x≪ト  ー _¨ ̄´  ィ |:::ノ   }     なんで叫んだんですか
                        {  ヽ| \        //x≪   {ヽ
                   x≪}   ` ∧ {i     /x≪     V `  .  _
                 x≪   |     `ニニニ´         }    /  ヽ
                x≪       {                  /    /,'     ,' >、
           x≪        |ヽ                  イ   /,'     ,' /  ヽ
      x≪             |:. ` .            <      /,'     ,' /     ` ー-
.    x≪                  ー-==ニ==-‐         /,'     ,' /
   /                                      /,'     ,' /  /
   /                                      /,'     ,' /  /

124 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:13:55 ID:???0




      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´     あいつ等じゃねーって
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|       いたろ?無口になった奴
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|       あいつってどうしてんの??




    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
.   |:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ    ああ、あのヒト…
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、    アナタが消せないトラウマを植え付けたヒトですね
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   それこそ、今更になってどうしたんです?
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::i:::::::::|::::::::/::::::::::::::::::::::::∧:::::::/|::r、::::::./::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::i::::::::::|:::::::i::::::::::::::::::::::::/__ Y:/__|::|_∨::∧::::::::::::|ヽi
:::::::::::::::::::/⌒ |:::::::i:::::::::::::::::::::::|__.|::|_リ__.|::/-{:::::::/:::| |
::::::::::::::::/ ,'⌒y |:::::,|:/|::::::::::::::.:リ.ゝ、∨廴iア)l/ . /::::/:::::|
:::::::::::::::( {ル⌒y|:::,'リ.∨:::::/|::|   ` ― './  |/|∨|:|
:::::::::::::::ヽ (  く乂  ∨:::| 从 _,f, ー彡三ミヾト、_ |  リ
:::::::::::::::::/ゝ `ヽ) .     ヽ::|   ./イ ̄iT´` i r .ミミ∧
:::::::::::::::〈  ヽ_       `                 く      お客様同士の諍いは
 ̄ ̄ ̄.`.> .、                 , 、  ) .    当事者で解決してください
         .`.ヽ.、    ,イ          r -'
            >、//         /         当店は一切責任を――
               >、 .  '´ ̄`゙ゝソ
                 .`ヽ.、 : : : : :./
                    >.、 ノ
                      .> 、
                         )

125 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:14:11 ID:???0




      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´    諍いってより――愛憎のこじれ?
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|  
   .ヽ ノ:::::::|::|、    ̄ノく|::|                         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   .冫:::: i⌒\_7ヘ::ハ,、-リ                         | よけい当事者同士で解決してください
    {:::::::::l,`彡巛ー──;\                       .  乂_________________..ノ
    {:::::::::::| `冫-rr-r-く_)                   .   
    ヽ:::::::ヾ. ..ヽノ::{:::}::ノ/ノ     名前も知らねえから聞いてるんだけどなあ
     ルヽノ)  |  {:::} | .i



    /\___/ヽ
   /     ::::::::::::::::\
.   |  __,,,,,.ノ  ヽ、,,,_.:::| +
  |  .゙ _"  |゙_ " .:::|
.   |  ひ  ` '     .::| +       このヒトが謝罪する事を覚えるだなんて…
   \  /ヽニニ='ヽ::/     +    ランディさん、ありがとう!ありがとうございます!
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

126 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:14:38 ID:???0



                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,
                    /::::::::::/::::::::::::::::/:::::::l:::::::::.l::::::::::::、
                   /:::::::::/.::::::::::|:::./i:::::::ハ::::::::ハ.、::::::::ゝ
.                メ:::::::/:::::::::::/|::/-从ソ|/!:::ノール::::::リ
                |:::::,-::ハ::::::| V ゝエン/ .l/ エゝ ノ::::l
                人:(ry |::::/   _,,ー彡三ミヾ、∧::/
               l弋ゞ レ'.          .)  /リ
               从ミ=_、 /.       ^ '        (なんなんだ。どうしてこの二人は
              ,-‐ク从レ.丶/..u    , -- ,        こんなに厄介なんだ?)
.                /   ゝ、|: : : ヽ      ̄  ハ
              /     >=、 > _ イ: :l.\
           ∠        .斥》.冖.T ̄ ̄T 冖斥 》
       , <  ゝ、.     //:ll .   !     !.   ll::::lト 、
     x '       .ヽ、 .   //:::.ll   l    l  .ll:::::ll  .<
   /              \__//.::::::|l   l    |  .ll::::::ll      ` <
. ×               /:::::::::ll― ┴ _ ┴_ ' ll:::::::ll           `>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 感謝する風を装って顧客情報を聞き出そうとしている。酒場の店主としては
 非常にやりにくい相手だ

 ある時など王家の紋章(3張りの弓に薔薇)の刻印の入った手紙を目の前で開封し、
 一介の酒場の店主である自分に躊躇なく差し出してきた

 「内密に、よろしく」とだけ書かれていたが、「内密に」はともかく何を「よろしく」なのか全く分からない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

127 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:15:28 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 言うまでもなく王家の紋章の偽造は、問答無用で死罪が言い渡される

 それを持って衛兵に彼らを突き出そうとも考えはしたが――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 ..
        _ ‐‐ ―‐\`ヽ, _
      , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;ヽ,\∠、
    /;::::::;,,:::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::::::マ
  -≠::::::::,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ
   /,,,::::::::,:;:;,:::::::,,:::,,,,:::::,,,,:::,,,,::::::::::::::::::,,:::::::::マ
  ム:::::::::::,:;:;:;:;::::::iヽ,iヽ ∧::::.::::::::::::::::,.;.;.;:::::::ト
  /::::::::::;:;ト、 ル'ヾi-┴トト、l::::ヘ,,,:::;:;:::::i:.;.;.;.;:;:;::|
 彡ノ:::::;:;:;:i ヾ  ヾ _¨__レ´ i:;::::;:;:;::;;レ- 、.;.;.;|
   |:;::;:;:;:;i〃_ゝ   ヽ_tッ   从,,,:,,,ノヾ ヽ.;.;:ミ
  ノ:;:;:;:;:;::|ヒtッ ノ=±、〟〟    从ル'Z ヾ i,.;.;ハミ
  ´ル'i:;:; i =/  ゛ ゞ ̄ゞ ̄゛    /   /.;.;|
     ∨i" !             L ∠.;.;.;ゝ-,
      \ ヽ `              ,レ ′ /ニi、__
   チラッ   \         ,,.・ ′  //.:::i
         ヽ ‐==-   /       //.:::::::::i
          i   ̄    |     //.::::::::::::::!
           /゛------‐|    //.::::::::::::::::::
         ∠_         |  //.:::::::::::::::::::
          `・,     レ/.:::::::::::::::::::::::
         /∠___//.::::::::::::::::::::::::::
         └ 、   ,┘.::::::::::::::::::::::::::
          \‐--‐′.::::::::::::::::::::::::::
            \\\::::::::::::/
             \\\/

128 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:15:50 ID:???0



                           ____ ..≧ゝ,.≦三:._ ̄ `丶:、
                             ̄フ>:;/ ` ー- ._       `ヽ
                           /.:,ィフ   ,イ .:  .:.          \
                          /.:/ / .:r、ィ/ | .:i .:.:.i   .:   ヾ: 、.:.:.:\
                         /.:/  / .:/_/]\!_. :| . :ハ .:.i! . : .:`.:、`ー-
                    .    /.:/  ./ .:イ/゙`j厂ⅥL! .:/ ト._|__. .:.イ .:.:/:::
                       /.:/  ./イ/ ,r≠、 ∨`、厶-Ⅵ-! ̄7 ! .:/べ
                    .  〈 /   .'´ ′       リ\:::{く匂/ヾ|  ′
                       ヾ:.、   }! "" .,、 _        ヾ辷彡’j}.
                        〉.:)  iハ.   f/ ` ー-、 _   ,, ,,`ー 1 :.
                       //  l  ヽ  !       `7    | .:.:.:.
                    クハー ヾ:、  ,′.:.:.丶、     _ /    _ .イ .:.:.:.
                       、 ヽ /   .:.:.:.:.:.:.て圦ュァz=ェ彡'".:.:.:.:| .:.:.:.:.
                        `ーソ ___;.:.≦三ー>=く`ー' ̄ス.:」_:.:.:.:.:.
                         / 「) rt―ィ  ,ィ Yく及} i 、  ̄`¨ニ7
                    .    /   フ" `ーく ,.ィ/ }≠く |!  r:、 _r-、ノヾ
                       ,′ 〈二ミ:、  `¨´ヽ.ノ\/ヽ√´  `" ,ィ三彡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 柴崎家のご令嬢をたびたび店に連れ立ってやってくるため、有り得ないとは思いつつも
 実行に移す勇気を出せない

 死罪にも色々と種類があるのだ。王の勅命だとすれば、どんな死に様を晒す羽目になるのか
 考えたくもないというわけだ

 西方教会に押さえつけられているとはいえ、庶民にはそんな事は知る由もない
 正体不明で激しく迷惑であろうと、金払いもよく、常連客との折り合いも悪くないこの珍客達に、
 ランディはただ、店主としての対応だけを心がけていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

129 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:16:04 ID:???0






      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|











      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l:::l::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ⌒) .(⌒::ノレ´
.    :|:::::::|::| ,, t==ァ .リ:|:
    . :|:::::::|::|、    ̄ノく|::|:
    :ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|: ビクビクッ!
                                  /\___/\
                                 / /    ヽ ::\
                              .   | (●), 、 (●)、 .::|
                                |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   .:::|
                              .   |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
                                 \  `ニニ´  .::/
                                 /`ー‐--‐‐―´´\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その対応が逆効果だとは思いもしないのだろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

130 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:16:20 ID:???0




               ,へ       ,へ
            /   \    /  ヽ
           /     .ー--‐'     \
.           l    -一'     `ー-  .ヽ
          l    ( ●) ,   、( ● ) .l
           |     ,, ノ (、_, )ヽ、   |
           l     ノ       ゝ   l    で、なんでしたっけ?
           ヽ     -=ニ=-   / .   あのヒトに謝りたいんですか?
              \     `ー=‐ ´   /
          /:::::::::i:\゙_>介 √:::/::\     ホントに?アナタが??
            /:::::::::::::::ヽ:::ヽ };;{/::/:::::::::::::ヽ     どんな風の吹き回しですか
        /::::::::::i::::::::::::ヽ::ヾ/〃::::::::::i:::::::::i

131 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:16:34 ID:???0



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|       賢者タイムだ
   .ヽ ノ:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   .冫:::: i⌒\_7ヘ::ハ,、-リ
    {:::::::::l,`彡巛ー──;\
    {:::::::::::| `冫-rr-r-く_)
    ヽ:::::::ヾ. ..ヽノ::{:::}::ノ/ノ
     ルヽノ)  |  {:::} | .i


                       __
                   /.:: \
                  _/.::::  \
          /\ _ -‐'"        \
          /.∧ `.:::::              ヽ
            / /ソ.::::::   i   ___    ‘,
.          |.:::::::::::::::::.  |    |  ⑪ .〉:.   ヘ
.          |.::ィ⑪¨!::::. |    ミ三三彡:::.    |
.          |.:::廴_ソ:::: .!        :::.    |    き、聞かなきゃ良かった…
.          |.::::::::::::::::::| ノ__人 ヽ    :    ′
         ‘,.::::::::::::/ .:` ´    \      ./
          、.:: /.::::∠二二ヲ       /
             <::::::::´:::::::::::::.    _,イ \
             `>  _  > ´    :::::.` ̄ ̄`ヽ
               /.:::::::::::::::::         __    ∧
            |:::::::::__                   .:|
            |::::::::::.  `ヽ                   .|
            |:::::::::::.              、:      .|
            |::::::.   i:.   .::::.        |:.      :|
            |::::.    |:::::::::::::::::::::.     |::.      |
            |::::.    |:::::::::::::::::::::::.     |:::. .::    !

132 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:16:52 ID:???0



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl
   人λ::::(| |( ー) .(ー::ノレ´__
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|二∠三,,)   いやな、ほら。ここ最近でやっと
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::| /  /    なんとか静かになってきただろ?
   、ノ:::::::|::| ヘ_...い:::::|::|  /
   .ヽ::::/ リハ.|ハ:::ハlヽ.リⅩ       薔薇水晶も居るんだし、本拠地くらいは
    /::,´Υ ハ  |::|  .Yヘ  ヽ      のんびり出来るようにしときたいだろ?
    {:::l {´ < |  .|::|  | >  }




                    _ __`ヽ、 _  _
                       _ゝ三三三三三三ミ彡≠
                  ∠三三三三三三三三ミ==-
                ∠三三,三/i三三∧三三三ミi
                 /三三/_∠_」 从三ト-i三三三≡=-
                ムィ三Yi /__ .|/!ハ .i三_}ハ{.i三三ミi
                 /三三〃tッ゛i 〉__V´tッヾ i三三ミi
                    V ヾミi  ゙_,≠ ̄ヾ=,_゛ レミミ∨   (ウチを本拠地にしないで欲しいんだが…)
                /i ( 爪 ´"/    ゛゛` ム彡  ト:、
             /Y  ∧_i  ,   ´ `     " /;;::├ 、
      ___/`∠,`Y   i/\/           i/ i:::::::::トi:;:;\――‐-=_
    /     ̄   /    i/ ∧         / ト / ::::::i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\_
  ./ヽ         /  ____i / i ヽ -===- / / /  :::::i:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\
 ∧   \        /  / -‐i.i ヽ ∨___/ / /‐-、:::::::i        /:.:.:./\
/  \   \    /__//:;:;::;i.i | `ー――一´i  i.i ̄i.i::::::::i        /  / :.:.:..\
      \   \   \/:::::::  i.゜y  |  |   | //  ヾ、、/     /   /    :.:.:.\
      |    |            i/  |  |   |//    ヾ

133 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:18:06 ID:???0



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.   |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|         …無駄に恨みを買ってても
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +        しょうがないですからね
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、         ただのヒトとしては当然と言えますよ
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i        
    |  \/゙(__)\,|  i |        (少しは周りにも配慮出来るようになったんですかねえ?
    >   ヽ. ハ  |   ||        ほんの、ほんの少しですけど…)

134 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:18:21 ID:???0


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\           しかしアナタの口から
.   |(●),   、(●)、.:| +       そんな常識的な言葉が出るなんて!?
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|          
.   |   ´トェェェイ`  .::::::| +        ランディさん、本当にありがとうございます!
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^).  私、今なら天地がひっくり返っても驚きはしませんよ!
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ:::/メ|::|:::::ハl   お前はほんと、俺を何だと思ってんだ
   人λ::::(| |-=・=- -=・=::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|       いっぺんシッカリ話し合わないと――
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その時だった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

135 名前:michi[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:18:55 ID:???0





  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
 /__  __  /   ____     ̄  / /
 _./  //  /  ./____/   ___ノ /
 |___ノ.|___,/.           /____,./


            __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
           /__  __  /   ____     ̄  / /
           _./  //  /  ./____/   ___ノ /
           |___ノ.|___,/.           /____,./


                      __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                     /__  __  /   ____     ̄  / /
                     _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                     |___ノ.|___,/.           /____,./

                                __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                               /__  __  /   ____     ̄  / /
                               _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                               |___ノ.|___,/.           /____,./

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 外敵や魔物の襲撃を告げる、緊急の鐘の音が街中へ鳴り響いた

 それは偶然か必然か、ジャギが同じ音を聞いたのと、奇しくもほぼ同時刻だった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━